前へ
次へ

鍼灸治療の基本的知識

鍼灸治療に興味がそそられる方もいるでしょう。現実に、怪我からの回復プロセスや筋肉のコンディショニングに対して鍼灸治療を有効に活用するアスリートは少ないとは言えません。鍼を体験したことのない人は、痛みを伴うのではないかと気に掛けていることが多いと聞きます。しかしながら、鍼は原則痛みを感じないと考えて良いかもしれません。しかしながら、怪我の状態によってはごく稀に、敢えて痛みの出るテクニックを活用することがありますが、ビギナーではあまり見られません。 鍼は、しばしば使用されるものとして、単差し、置鍼、パルス鍼などがあります。こういったテクニックが、病を患っている方の症状により用いられます。それに加えて、同一の患者であっても、症状そのものの解消に応じて鍼が使い分けられます。 鍼は、体内血液の流れを円滑にしたり、カラダの内側のエネルギーの流れの気のバランス状態を整えたりすることによって体にもたらされているアンバランスを改善します。このことが、鍼を刺すというような刺激を利用することによって実行されます。ですから、刺激のボリュームが大事になってきます。鍼治療においては1度で症状自体が良くなる方も少ないとは言えません。しかしながら、原則として急展開で症状そのものを減少させるようなケアはしません。体に対してムリなく、だんだんと効果効能を出すようにケアされることになります。 往々にして、鍼に対してマジックと同じ様な速効の効果効用だけを求めている人がいます。それから、こういった方はいきなり効き目がないので自分自身にはピッタリこないと捉えてしまうようです。しかしながらこのことは誤った認識で、鍼は繰り返しの利用がポイントであることを忘れてはいけません。 また、灸は、痛みに向けて効き目を発揮してくれます。灸にも多種多様なタイプがありますが、一般的な治療で活用される灸は温灸ということで間接的に熱を伝達する方策です。火を活用するので多かれ少なかれ熱く感じられますが、ヤケドをする可能性はありません。

疲れやすい身体を何とかしたい
理学療法士による新整体受けてみてはいかがでしょうか?

汗をかいた時に水ぶくれができる
適切なスキンケアにより改善される場合があるので、水ぶくれでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

話題のエレサス治療で治りが早い

一人でカウンセリングを受けたい
7割以上が女性おひとりで来院されていますので、安心してお越しください。

Page Top